介護サポートシステム 脈拍、血中酸素濃度、血圧を計測して異常があった場合にアラートを発信します。※医療機器ではございません。開発中のシステムです。

介護サポートシステムとは

システム概要

  1. ウェアラブルデバイスに設定した間隔で脈拍数、血中酸素濃度、血圧を計測します。
  2. 異常値が計測された場合、5分後に再計測を行います。
  3. 2回連続で異常値の場合、アラートを発信します。
  4. スマートフォンやPCから計測データを閲覧できます。
ウェアラブルデバイスとラズベリーパイは定期的にバイタルサインをBLE通信で取得します。その後ラズベリーパイからクラウドサーバーへデータを送信してスマートフォンやPCからバイタルサインを閲覧できます。

特徴

特徴1. 安心を提供

安心を提供

離れた場所にいても異常があれば通知が届く安心を提供いたします。

特徴2. 低価格

低価格で提供

既製品を使う事で低価格で提供いたします。

特徴3. 何処からでも確認

何処からでも確認出来ます

クラウドサーバーを使う事で何処からでも計測データを参照できます。

開発ロードマップ

開発ロードマップ

2020年10月時点、開発フェーズ2に入っております。

医療機関と連携してウェアラブルデバイスの性能の確認やアラートの基準値を検討しております。